高校入試の倍率って何?0.8倍だったら、必ず受かるの?


皆さん、こんにちは! 合格できる問題集の編集部です!




高校入試の情報を集めていると「倍率」という言葉をよく耳にしますよね。今日のテーマは、「倍率とはなんぞや?」です。


志望校を決めるときにとっても気になるこの倍率、悩ましいくせ者に思えます。でも、ちゃんと意味を理解すれば、自信をもって志望校を決めたり、受験対策が立てられます。


今日は倍率についてサクッと理解しちゃいましょう!


倍率は簡単に言うと、競争の激しさをあらわす指標です。

でも、倍率が高い高校は合格するのが難しく、低いと余裕で受かる・・・

みたいな単純なことでもありません。



なぜでしょう?


その理由を理解するために、まずは、倍率の3つの種類について知っておきましょう。




倍率その① 応募倍率


応募倍率とは、出願時の倍率です。出願とは「私はこの高校を受けますよ」という申し込みのことです。


例をあげましょう。 A子さんは、「合格できる高校」に出願をしました。


その時の倍率は2.0でした。


100人の募集定員に、200人の応募があったということですね。


2人に一人は不合格です。厳しいですね。




倍率その② 受験倍率


受験倍率とは、高校入試の試験が終わった後に出る倍率です。


A子さん受けた合格できる高校の受験倍率は1.8でした。


あれれ? 応募倍率より低くなりましたね。


なぜでしょう?


それは、出願を取り下げた応募者がいるからです。


このように、いったん出願しても、志望校を変えた生徒がけっこういます。


だから受験倍率は応募倍率よりも低くなるんですね。




倍率その③ 実質倍率


実質倍率とは、合格発表の後に出る倍率です。


A子さんの受けた合格できる高校の実質倍率は1.6でした。


おや? また倍率が下がりましたね。


なぜでしょう?


各高校では合格者の定員というのは決まっています。


それと同時に、合格のボーダーラインの点数が存在します。


例えば、A君とB君が、入試でピッタリ同じ点数を取ったとします。

二人とも合格ギリギリの点数です。


応募定員が100人で、A君とB君がどちらも合格すると、合格者が101人となり、

応募定員をオーバーしてしまいます。


この時に、Aさんは受かって、Bさんは落とす、みたいなことがあっては不平等ですよね?


だからこの場合、二人とも合格になります。


ということは募集の人数よりも、合格者の方が多くなるんですね。


だから実質倍率は低くなるのです。





実質倍率が大事


このように、参考にするべきなのは実質倍率になります。


特に私立などは、複数の掛け持ち受験が多いので、受かっても入学を辞退するケースがたくさんあります。そのため、辞退者が多数出ることを見込んで、募集定員よりも、ずっと多くの生徒を合格にします。


例えば募集定員100人なのに、合格者は150人など・・・


なので、応募倍率などはあくまで目安にしかならず、実質倍率が大事になってくるんですね。




倍率0.8倍だと全員合格するの?


答えはNoです。


先に述べたように、各高校には合格を認める最低ラインが存在するので、それを下回る人には合格は出ません。ちゃんと対策しないといけないんですね。



倍率の情報を有効活用しよう


倍率を知ることは、受験対策にとても役立ちます。



そのためには、偏差値や模試の合格判定などを参考にして、自分の学力をしっかり把握することが大切です。


そうすれば、「自分は現時点でこのくらいの学力だから、倍率2倍のA高校には受かるには、あとこれくらい勉強して成績を上げないといけないな・・・」


という具合に、具体的な入試対策を考える上でとても役に立ちます。 


倍率は、高校入試という自分との闘いを勝ち抜くためのツールの一つなんですね。


ですので、倍率が高いから、低いから、と惑わされずに、あなたがどうしたいかを一番に考えて、倍率の情報を志望校決めに役立てましょう!



合格できる問題集はがんばる受験生を応援しています。

#高校入試 #倍率



《中1、中2の数学・英語・国語をやさしく復習できるおすすめ問題集、絶賛発売中です》





お問合せ

※問題集の内容に関してのご質問等はメール・FAX・封書にて承ります。

合格できる問題集
〒860-0834
熊本市南区江越2丁目7番5号
FAX:096-370-0348