「百舌鳥・古市古墳群」


 突然ですが今日は、世界文化遺産についてのお話です。

 ユネスコの諮問機関は、日本最大の前方後円墳である「仁徳天皇陵古墳」を含む 「百舌鳥・古市古墳群」を世界文化遺産に登録するよう勧告しました。

6月30日から7月10日にアゼルバイジャンで開かれる

ユネスコ世界遺産委員会で正式に決まる見通しです。

 登録されれば、令和に入り最初の世界遺産となり、日本の世界遺産は23件になります。 教科書では、「仁徳天皇陵古墳」のことを「大山古墳」「大山陵古墳」と表記されていることが多いようです。

学界では、仁徳天皇が実在したかどうか論議が続いているらしいのです。

 百舌鳥古墳群からは、さまざまな形をした埴輪、金銅製の装身具、馬具、鉄製武器などの副葬品が出土しています。

これらから、朝鮮半島、中国、ペルシャなどと当時交流があったことがうかがえます。

 これを機会に、他日本の古墳のことや世界遺産について調べてみるといいですね。

#古墳 #前方後円墳 #令和 #世界文化遺産 #百舌鳥古市古墳群 #アゼルバイジャン #仁徳天皇 #歴史

お問合せ

※問題集の内容に関してのご質問等はメール・FAX・封書にて承ります。

合格できる問題集
〒860-0834
熊本市南区江越2丁目7番5号
FAX:096-370-0348