2020年 11月 重要時事問題まとめ


こんにちは!

高校入試用問題集「合格できる問題集」編集スタッフです。

日に日に寒さが増してきて、朝布団から起き上がるのが非常につらくなってきましたね。

そんな中、新型コロナウイルスの感染者数が最高記録を更新する頻度が

travel

より一層警戒が強まっています。

仮にこのまま感染者数が増え続け、緊急事態宣言が出された場合でも、現時点では春先のような全国一斉休校を要請することは考えていないと萩生田文部科学大臣は述べました。

また緊急事態宣言が発令されることがないように今後も気を付けて生活していきましょう。





それでは、2020年11月の重要時事ニュースを振り返っていきましょう!



1日  大阪都構想 反対多数

 大阪市で、大阪市を廃止し、4つの特別区に再編する「大阪都構想」の是非を問う住民投票があり、僅差で否決されました。これを受け、地域政党「大阪維新の会」の松井一郎代表は2023年4月の市長任期満了をもって政界を引退する考えを明らかにしました。




4日  米大統領選挙 

 米大統領選挙は日本時間4日午前に全米各州で開票作業が始まり、日本時間の8日未明、民主党のバイデン氏が当選を確実にした。トランプ氏は未だ敗北を認めていないが、選挙人団の投票でバイデン氏が270票以上獲得すれば、2021年1月20日に第46代合衆国大統領にバイデン氏が就任する。




9日  図書館の本 データをスマホに送信

 文化審議会の作業部会は9日、図書館が蔵書の電子データを利用者のパソコンやスマートフォンに送れるようにする著作権法の改正を盛り込んだ報告書をまとめた。文化庁は来年の通常国会への銅法の改正案の提出を目指している。





    NHK受診料引き下げ 早ければ来年

 総務省は、NHKの改善課題を話し合う有識者会議で、余ったお金を積み立てて受診料の引き下げにあてる還元制度の検討案を示した。参加した有識者からは反対の意見は出ず、早ければ来年にも制度改正する見通しとなった。




14日 スーチー与党 圧勝

 ミャンマーの選挙管理委員会は8日に実施された総選挙の全議席が確定したと発表し、アウンサンスーチー国家顧問が率いる与党・国民民主連盟(NLD)が前回を上回る圧勝で2期目の政権を担うことが決まった。




15日 RCEPに15カ国が署名

 日中韓と豪州、ニュージーランド、ASEAN(東南アジア諸国連合)の15カ国は、自由貿易圏構想「地域的包括的経済連携(RCEP)」をめぐる首脳会合で正式に合意した。日本にとっては最大の貿易相手国である中国と第3位の韓国との間で結ぶ初めての自由貿易協定となる。




16日 民間初の運用飛行 打ち上げ成功

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)の野口聡一 飛行士ら4人を乗せた米国の新型民間宇宙船「クルードラゴン」が打ち上げに成功した。クルードラゴンは国際宇宙ステーション(ISS)へ飛行士を往復させられる初の民間宇宙船である。



   「ABC予想」論文 来年掲載へ

 数学の超難問「ABC予想」を京都大学数学解析研究所の望月新一教授が証明したとする論文が来年、国際的な数学誌に掲載されることが決まった。今回の論文は646ページにも及ぶため、1冊まるまる使う特集号となる予定だ。「ABC予想」とは、数学者を35年間悩ませてきた、足し算と掛け算の関係についての予想で、解決すると、整数論における多くの未解決問題の多くを解決してしまうほどの影響力のある問題である。




25日 ソフトバンク 4連覇

 プロ野球日本シリーズは、ソフトバンクが巨人を4連勝で破り、4年連続11度目の日本一を達成した。日本シリーズ4連覇はパリーグの球団で初めてである。



   GO TO トラベル 一時休止

 新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、大阪市と札幌市を目的地とする旅行の「GO TO トラベル」事業を休止することを発表した。東京都は28日から飲食店などに営業時間の短縮の要請にとどまっており、「GO TO トラベル」への対応は検討中である。





27日 緊急事態宣言でも一斉休校求めず<