すき間時間の活用法


 皆さんこんにちは。編集担当のYです。先日知人と外食をした時、料理が出るまでの間、単行本を読んだり問題集を眺めたりするお客様が多いことに気が付きました。皆さん、すきま時間を有効に活用して頑張ってらっしゃるのだなと思いました。

 中学生の皆さんの中でも、勉強と部活の両立で忙しい毎日を送ってらっしゃる方も多いと思います。そんな皆さんに、すきま時間を活用して勉強することをお勧めします。

 電車やバスの通学の時、外食して料理が出てくるまでの間、お風呂に入っている間、病院で診察を受けるまでの間等、日常生活の中で、活用できるすきま時間はあると思います。その時に勉強できるように、小さい問題集や薄い問題集を持ち歩いて勉強すると、日々の積み重ねで多くのことを学習できますよね。

 5分のすきま時間で2つの英単語を覚えるとします。それを一週間続けると、14の英単語を新しく覚えることが出来ます。中学校で必要な英単語数が1200語なので、このすきま時間の学習を続けると、2年もかからずに必要な英単語を学習することになりますよね。

 すきま時間は、限られた短い時間なので、「時間があまりない。」と思うと、集中して取り組むことが出来ますよ。

また、すきま時間の勉強を習慣にすると、学習する習慣が出来るので、長時間机に座って勉強する習慣も作りやすくなります。

 日々の習慣が、現在の私たちを作っていると言っても過言ではないと思います。いい成績を取るためには、いい学習習慣を形成することが大切です。すきま時間の勉強も、いい学習習慣だと思います。

 合格できる問題集は、すきま時間に勉強するのに最適な作りになっています。今年の9月以降には書店に並びます。是非参考にしてください。心から応援しています。

#勉強法

お問合せ

※問題集の内容に関してのご質問等はメール・FAX・封書にて承ります。

合格できる問題集
〒860-0834
熊本市南区江越2丁目7番5号
FAX:096-370-0348