2018年1月の総括の時事問題対策


 受験生の皆さん、相変わらず寒い日が続きますが、お変わりなく過ごされているでしょうか。

 ところで、今日は皆既月食が見られますね。今回の月食は、部分食の始まりから終わりまで見ることが出来る、大変珍しい月食らしいですね。今夜20時48分頃から夜中まで行われるそうなので、受験勉強の休憩がてら夜空を見上げてみるのもいいですよね。

 さて、今回は1月の終わりなので1月のまとめの時事問題をお伝えします。

 受験生の皆さんにとっては、最後の定期考査対策に活用してください。

1月11日 CPUに深刻な欠陥が見つかる。

 コンピューターの頭脳に当たるCPUと呼ばれる装置に深刻な欠陥が発見されました。CPUは、ほぼすべてのパソコンやスマートフォンなどに搭載されており、サイバー攻撃に悪用された場合、深刻な影響が出るので、マイクロソフトやアップルなどのメーカー各社は、修正プログラムの速やかな適用を呼びかけています。

1月15日 ソフトバンクが株式上場へ

 ソフトバンクグループの子会社で携帯電話会社のソフトバンクが、株式上場を検討していることが分かりました。2兆円程度を調達する案が出ており、実現すれば、1987年のNTTに匹敵する大型上場となる可能性があります。

1月17日 ロシアで氷点下65度

 ロシアやシベリア各地は、大寒波に見舞われ、ロシア極東に位置するサハ共和国の首都ヤクーツクでは、17日までに氷点下65度を記録しました。この寒波による死者も出ており、ロシア非常事態省が警戒を呼びかけています。

1月18日 イプシロン打ち上げ成功

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、小型の固体燃料ロケット「イプシロン」3号機を打ち上げ、衛星の軌道投入に成功しました。

1月22日 iPS研で論文の不正が発覚

 京都大学のiPS細胞研究所の山水康平助教授の論文にねつ造と改ざんがあったと発表しました。同研究所は、ノーベル生理学・医学賞を受賞した山中伸弥教授が所長を務めており、同研究所での研究不正発覚は初めてです。

1月23日 草津白根山で噴火

 23日の午前9時頃、群馬県の草津白根山の本白根山が噴火しました。場所は、草津国際スキー場の近くで、噴石によって1人が死亡、11人が重軽傷を負いました。

1月24日 クローンのサルが誕生

 中国の研究グループが、クローン技術を使って、全く同じ遺伝子を持つカニクイザルを2匹誕生させたと発表しました。人と同じ霊長類のクローンは初めてで、人に応用される可能性もあるため、倫理的視点からの議論を呼びそうです。

1月16日 仮想通貨580億円が流出

 仮想通貨取引所「コインチェック」は、不正アクセスにより約580億円分の仮想通貨「NEM」(ネム)が外部に流出したと発表しました。コインチェックは、甘い管理体制を指摘されており、この事件を受けて金融庁は、1月29日、資金決済法に基づく業務改善命令を出しました。

#時事問題対策 #世事

お問合せ

※問題集の内容に関してのご質問等はメール・FAX・封書にて承ります。

合格できる問題集
〒860-0834
熊本市南区江越2丁目7番5号
FAX:096-370-0348