試験前に体調がすぐれない時


 皆さんこんにちは。編集担当Yです。受験の時期到来です。しかし、受験前に体調を崩すことは、よくある話ですね。私が塾講師をしていた時にも、試験当日に高熱が出て、実力を出し切ることが出来なかったと嘆く生徒さん達がたくさんいました。結局、彼らは合格していたから、結果的には良かったのですが、出来れば万全の体調で試験を受けたいですよね。そこで、今日は、受験直前に体調を崩したときの過ごし方についてお伝えします。

 まず、体調がすぐれない時には、体温を上げることがお勧めです。体調がすぐれないということは、免疫力が下がっているということ。体温を上げると免疫力も上がります。そして、手っ取り早く体温を上げる方法は、入浴です。他にも、紅茶やほうじ茶等の体を温める飲み物を飲んだり、根野菜等、体を温める食べ物を食べることもお勧めです。また、根野菜を食べる時には、是非出来るだけ皮も食べてください。皮にはたくさん栄養が含まれていますよ。

 次に、朝日を浴びることをお勧めします。朝20分~30分間浴びるのが理想的です。そのために、朝起きたらカーテンを開ける癖をつけましょう。朝日には、セロトニンの分泌を促す作用があります。セロトニンが不足すると、うつ状態になったり、マイナス思考になったりします。朝日を浴びることで、健全な精神面を作り上げる手助けをしてくれます。

 三番目に、数分間ストレッチをすることをお勧めします。みなさんは、リラックスしている人ほど病気になりにくいということを知っていますか?リラックスしている時には、副交感神経が優位になっています。交感神経が優位になった状態が続くと、病気になりやすいです。逆に副交感神経を優位にすると病気になりにくいのです。副交感神経を優位にするのに役立つのが数分のストレッチです。筋肉を伸ばしてゆったりすると、体も心も安らぐのが分かりますよ。

 最後に、こまめに水分補給をすることをお勧めします。水分補給をすると、口の中の細菌を流してくれるだけではなく、血液をサラサラにしてくれます。すると全身に必要な栄養分が行き渡りやすくなります。また、便秘や頭痛などをはじめとする様々な病気を防ぐことが出来ます。

 以上、体調がすぐれない時の過ごし方についておつたえしました。どれか一つでも試してみてはどうでしょうか。合格できる問題集の編集スタッフは、最後まで頑張る受験生を応援します。

#試験 #豆知識 #風邪対策

お問合せ

※問題集の内容に関してのご質問等はメール・FAX・封書にて承ります。

合格できる問題集
〒860-0834
熊本市南区江越2丁目7番5号
FAX:096-370-0348