top of page

2022年12月 重要時事問題まとめ


こんにちは!

あけましておめでとうございます。

2023年もどうぞ「合格できる問題集」をよろしくお願いいたします。



それでは早速2022年12月の時事ニュースを振り返りたいと思います。







6日  再生可能エネルギー 世界最大の電源に

 国際エネルギー機関(IEA)は、2025年初めに再生可能エネルギーが石炭を抜いて世界最大の電源になる見通しだと発表した。



10日 被害者救済新法 成立

 世界平和統一家庭連合(旧統一教会)をめぐる問題を受けて、被害者救済を図る新たな法律が成立した。悪質な寄付の禁止や霊感商法などの悪質商法による契約を取り消すことができることなどが盛り込まれている。



12日 今年の漢字「戦」

 2022年の世相を表す漢字は「戦」だった。選考理由は主に、ロシアのウクライナ侵攻、サッカーW杯、物価高などであった。




15日 東京都 太陽光パネル義務化

 2025年から新築建物に太陽光の設置を義務づける東京都の条例改正案が成立した。約100万円とされるパネル設置費用は、電力の自家消費や売電で10年での回収可能と都は説明している。




19日 生物多様性 回復へ

 カナダで開かれていた生物多様性条約締約国会議(COP15)で、生物多様性の回復に向けた2030年までの新たな国際目標が採択された。生物多様性の維持に重要な地域など、地球の30%の保全を目指す「30by30」などを盛り込んだ。



22日 洋上風力発電 運転開始

 秋田県の能代港の沖につくった洋上風力発電所が運転を始めた。売電を目的とした大規模な洋上風力の運転は国内で初めてとなる。




23日 歳出総額 閣議決定

 政府は、一般会計の歳出総額が114兆3812億円となる2023年度当初予算案を閣議決定した。11年連続で過去最大となった予算は防衛費増額によるものが大きい。




12月は以上になります。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

Comentarios


bottom of page