2021年4月 重要時事問題まとめ


こんにちは!

高校入試用「合格できる問題集」編集スタッフです。

新年度を迎え、多くの方が新たなスタートを切ったかと思います。

私共が作成している問題集も4月より新商品を加えてリニューアルしております。

school

教科書が新しく変わり、学習する内容も増え、何かと大変かと思いますが、学生さんが学習しやすい問題集を目指して我々も日々改良を重ねていきますので、今後ともよろしくお願いいたします。








では、早速2021年4月の重要時事ニュースを振り返りたいと思います。



4月1日   パートタイム・有期雇用労働法 施行

 同じ会社で同じ仕事をする正社員とパートや契約社員などの非正規雇用者との間で、基本給や賞与などのあらゆる待遇の不合理な格差を禁止する「パートタイム・有期雇用労働法」が中小企業でも施行されるようになった。大企業では2020年4月よりすでに施行されている。



       消費税 総額表示 義務化

 消費税別価格のみの表示も認めるという特例が廃止され、消費税総額表示が義務化された。総額表示義務はお店、チラシ、Webなどすべての場所が対象になり、我々消費者が消費税額を含む価格が一目でわかるようになった。



       70歳まで就業確保 努力義務化

 高年齢者雇用安定法が施行され、定年を65歳以上70歳未満に定めている事業主、65歳までの継続雇用制度を導入している事業主を対象に、「70歳までの定年引上げ」、「定年制の廃止」、「70歳までの継続雇用制度」の導入などのいずれかの措置をとることが求められた。





5日     まん延防止等重点措置 適用

 新型コロナウイルスの感染拡大が広がる大阪府・兵庫県・宮城県の6市で、緊急事態宣言に準じた「まん延防止等重点措置」が初適用され、対象地域で、知事は飲食店などに時短営業を命令でき、違反すれば20万円以下の過料を科すことができるようになった。




11日    松山英樹 マスターズで優勝

 アメリカジョージア州で行われた男子ゴルフのメジャー大会で、松山英樹(29)が優勝を決めた。日本男子のメジャー制覇は史上初の快挙である。




13日    処理水 海洋放出 方針決定

 日本政府は東日本大震災で破壊された東京電力福島第一原子力発電所から排出されている放射性物質を含む処理済みの汚染水を、福島県沖の太平洋に放出する計画を承認した。この海洋への放出は設備の工事や規制の対応を経て、2年後を目途にしている。




25日    緊急事態宣言 3回目

 新型コロナウイルス対応の特別措置法に基づく緊急事態宣言が、東京・大阪・京都・兵庫の4都府県に適用された。



今回は以上になります。


4都府県に出された緊急事態宣言は、期限が11日にまでの予定でしたが、5月31日までに延長されるようで、さらに12日からは愛知県、福岡県も対象地域に追加されるようですね。

重点措置は、北海道・埼玉・千葉・神奈川・岐阜・三重・愛媛・沖縄の8道県になるようです。

まだまだ厳しい状況は続きますが、気を引き締めて今月も頑張っていきましょう。