2021年11月 重要時事問題まとめ


こんにちは!

高校入試用問題集「合格できる問題集」の編集スタッフです。



残すところあと1か月で2021年も終わりますね。

そんな中政府は11月30日に、日本でもついに新型コロナウイルスの変異株である「オミクロン株」の感染者が確認されたと発表しました。これからさらに寒さが厳しくなり、空気の入れ替えが行いにくくなりますが、感染拡大防止のためしっかりと対策を行っていきましょう!



それでは早速2021年11月の時事ニュースを振り返りたいと思います。







11月1日 最高裁裁判官 全員信任

 10月31日に行われた最高裁裁判官の国民審査について、総務省は1日、解職される人はいなかったことを発表した。




2日   立憲 枝野氏辞任表明

 立憲民主党の枝野幸男氏が、衆議院選挙で立憲民主党の議席数が減少した責任をとり、代表辞任を表明した。これにともない、11月30日に立憲民主党代表選が行われ、泉健太政調会長(47)が新代表に選出された。



     RCEP 1月発行

 日中韓、オーストラリア、ニュージーランド、東南アジア諸国連合(ASEAN)10か国の、計15か国が参加する「地域的包括的経済連携協定(RCEP)」が2022年1月1日に発行すると、日本政府は発表した。これは、米国が抜けた環太平洋経済連携協定(TPP)を上回る巨大な自由貿易協定で、日本が中国、韓国との間で結ぶ初めての協定である。




10日  第2次岸田内閣発足

 自民党の岸田文雄総裁は、10日召集の特別国会で第101代首相に選出され、自民・公明両党の連立による第2次岸田内閣を発足させた。




13日  COP26 閉幕

 英国グラスゴーで、10月31日に始まった国連気候変動枠組条約第26回締約国会議が終了した。この会議で、地球の気温上昇を1.5度以下に抑える努力をすること(グラスゴー気候合意)が採択され、パリ協定のルールブックも完成した。



    藤井四冠

 将棋の藤井聡太三冠が竜王を獲得し、四冠を達成した。四冠は史上6人目で、19歳3か月での達成は史上最年少での記録となった。




17日  軽石 回収アイディア

 国土交通省は、同年8月に発生した海底火山噴火に伴い、沖縄県などの港湾や漁港において漂流・漂着が確認されている軽石について、民間事業者などが有する技術やアイディアを募集し回収することを発表した。



19日  大谷翔平 MVP

 大リーグ・エンゼルスの大谷翔平が今期のアメリカン・リーグの最優秀選手(MVP)に選ばれた。投票結果は満票の30票で、2015年のナショナルリーグMVPのハーパー依頼の快挙となった。




30日  外国人の入国停止

 政府は、新型コロナウイルスの「オミクロン株」対応で、外国人の新規入国を全面的に停止する措置に踏みきった。28日にナミビアから成田空港に到着した男性がオミクロン株に感染していたことがわかり、感染研は28日に警戒度が最も高い「懸念される変異株(VOC)」に位置付けた。



11月は以上になります。