数学の関数問題の解き方


 数学の問題を解くときに大切なこと。1つずつ解くことです。

 数学の問題は、いっぺんに解くことは出来ない問題が多いです。1つ1つの段階を経て

答えに至るのです。

 今回は、関数問題を解くときに必要なことをお伝えします。

 関数の問題。もし、グラフが与えられていない時には、まずグラフを書きましょう。

 次に、問題文の中に与えられている情報をグラフに書き入れましょう。例えば、グラフの交点をAとする、とあります。そしたら、交点にAと書き入れるといった具合に、分かっていることをグラフの中に書き入れます。

 そして、与えられている点の値があれば、グラフに代入しましょう。代入するだけで解ける問題もあるのです。

 また、グラフの交点を求める問題は、頻出問題です。必ず2つのグラフの連立方程式を作って、解いた値が交点の値になります。

 以上のことを行えば、必ず1問は正解します。

 何回も解いて、問題に慣れることも大切ですよ。

 Practice makes perfect.

習うより慣れよ。

#入試対策 #テスト対策 #数学

お問合せ

※問題集の内容に関してのご質問等はメール・FAX・封書にて承ります。

合格できる問題集
〒860-0834
熊本市南区江越2丁目7番5号
FAX:096-370-0348